/

コインチェック、ビットコインの注文制限 システム障害で

マネックスグループ傘下の暗号資産(仮想通貨)交換業者であるコインチェック(東京・渋谷)が14日、システム障害で取り扱い通貨の売買注文を止めた。価格などを表示するチャート画面に不具合があった。「外部からの攻撃や通貨の流出、情報漏洩などはない」(同社)という。

14日午前0時56分に不具合を検知し、1時10分にビットコインの売買を止めた。8時にコインチェックが持つ在庫の売買をする取引のみ復旧した。他の通貨は3時に売買注文を停止した後、5時に再開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン