天下泰平(屁)でめでたい 作家 嵐山光三郎

2020/2/22 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大隈重信は屁をよくする人で、あまりに屁が出すぎるため、入院して屁の数を勘定させ、統計をとったという。おならは「お鳴」が転じたもので、おならが出すぎるのは、肛門括約筋の麻痺だとわかった。

徳川家康が、諸大名出仕の前でプッと一発屁をこいた。諸大名はおかしくてたまらぬが笑うわけにはいかない。水戸公がすすみ出て「天下泰平(屁)でめでたい」とほめ、一同これに感じいり、徳川大名家は文武両道と放屁術を心得ねば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]