その他スポーツ

「桃田選手1カ月で練習可能、競技に影響ない」 医師
マレーシアで交通事故、負傷

東南アジア
2020/1/14 14:32
保存
共有
印刷
その他

桃田賢斗選手が交通事故に巻き込まれたことを伝えるマレーシアの新聞各紙(14日)=共同

桃田賢斗選手が交通事故に巻き込まれたことを伝えるマレーシアの新聞各紙(14日)=共同

【クアラルンプール=共同】マレーシアでバドミントンの男子シングルス、世界ランキング1位の桃田賢斗選手らが負傷した交通事故で、入院先の首都クアラルンプール近郊の病院で治療を担当する医師は14日、桃田選手は鼻の骨に細いひびが入る全治6週間のけがを負ったが「1カ月ほどで練習に戻れ、今後の競技に影響はないだろう」との見解を示した。

医師は退院が「明日にも可能かもしれない」との見通しを明らかにした。

マレーシアでバドミントンは人気があり、地元メディアは「事故でチャンピオン負傷」などの見出しで大きく報道。スター紙によると、桃田選手は事故後、病院に駆け付けた日本代表の朴柱奉ヘッドコーチに「まだバドミントンはできるか」と尋ね、朴氏は「寝て回復すれば大丈夫だ」と伝えたという。

事故は13日午前5時ごろ発生。桃田選手ら4人を乗せたワゴン車が高速道路を移動中、大型トラックに追突。運転手が死亡し、桃田選手は顔などをけがした。マレーシア警察が事故の経緯を調べている。

病院には14日、ワンアジザ副首相が見舞いのため訪問。13日にはマハティール首相の妻シティ・ハスマさんや、桃田選手のかつてのライバルで五輪3大会連続銀メダルを獲得したマレーシアのリー・チョンウェイ元選手らも訪れていた。

桃田選手は2016年リオデジャネイロ五輪には違法賭博問題で出場できず、東京五輪で悲願の出場を確実にした。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子シングルス世界ランクトップ10でベスト16に残れたのはハレプ(ルーマニア)ら4人だけだった=共同

 全豪オープンテニスは27日、シングルスのベスト8が出そろった。大会前半で目立ったのが前年覇者の大坂なおみ(日清食品)ら女子上位シードの早期敗退だ。
 3回戦では優勝候補がごっそり消えた。本命とみられた …続き (27日 21:55)

女子ダブルス3回戦で敗退し、肩を落とす青山(左)、柴原組(27日、メルボルン)=共同

 【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン第8日は27日、メルボルンで行われ、女子ダブルス3回戦で第10シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がコリ・ガウフ、キャサリン・マクナリー組(米国 …続き (27日 21:18)

 バレーボールVリーグ女子2部の群馬銀行グリーンウイングスは2019~20シーズンの優勝を決めた。25日のプレステージ・インターナショナルアランマーレ戦には2対3で敗れたが、他試合の結果により、勝ち数 …続き (27日 19:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]