/

この記事は会員限定です

トランプ弾劾で米民主の「女帝」が払う代償

ワシントン支局 永沢毅

[有料会員限定]

2019年12月上旬、米大統領トランプの弾劾に向けた議論がヤマ場を迎えていたキャピトル・ヒル(米議会)。トランプ追及の陣頭指揮をとる野党・民主党の下院議長、ナンシー・ペロシは党所属の下院議員からの突き上げを食らっていた。

「もしあなたが議長にとどまりたいなら、私たちを助けるためにこの法案を成立させる必要がある」。党関係者によると、ペロシにこう訴えたのは16年の大統領選でトランプが勝利した選挙区から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2099文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン