農産物輸出拡大 相手国規制緩和進む 閣僚会議で確認

2020/1/14 14:30
保存
共有
印刷
その他

政府は14日、首相官邸で農林水産品の輸出拡大のための関係閣僚会議を開いた。輸出の障壁となっている相手国の規制として会議が挙げた全体の115項目のうち59が解決または前進したと確認した。具体的にはフィリピンや米国による放射性物質に関する規制の撤廃や緩和を挙げた。

議長を務める菅義偉官房長官は会議で「日本の野菜や果物は、アジアで大変人気だ。輸出をまだまだ大きく伸ばせる」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]