/

農産物輸出拡大 相手国規制緩和進む 閣僚会議で確認

政府は14日、首相官邸で農林水産品の輸出拡大のための関係閣僚会議を開いた。輸出の障壁となっている相手国の規制として会議が挙げた全体の115項目のうち59が解決または前進したと確認した。具体的にはフィリピンや米国による放射性物質に関する規制の撤廃や緩和を挙げた。

議長を務める菅義偉官房長官は会議で「日本の野菜や果物は、アジアで大変人気だ。輸出をまだまだ大きく伸ばせる」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン