大成建設、高圧水で石綿除去 ビルの解体工期短縮

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
環境エネ・素材
住建・不動産
2020/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大成建設は建物の解体工事などでアスベスト(石綿)を除去する新しい技術を開発した。ゆるやかなS字型に曲げた管を通して高圧の水を噴射し、水圧でアスベストをはがす。アスベストの繊維は人体に有害なため厳格な管理が必要で、除去にも手間やコストがかかっていた。大成建設は新しい工法を使い、都内の大型ビルの解体工事でアスベストの除去にかかる期間を通常の半分に抑えた。

アスベストは細かい繊維を持つ天然の鉱物で、石…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]