上手に避難できたかな 大阪の幼稚園、震災25年で訓練

阪神大震災25年
関西
2020/1/14 12:47
保存
共有
印刷
その他

大東中央幼稚園で実施された避難訓練(14日、大阪府大東市)=共同

大東中央幼稚園で実施された避難訓練(14日、大阪府大東市)=共同

阪神大震災から17日で25年となるのを前に、幼稚園児を災害から守ろうと、大阪府警四條畷署は14日、大阪府大東市の大東中央幼稚園で園児ら約130人を対象に地震を想定した避難訓練を実施した。

訓練で一斉に机の下に避難した幼稚園児ら(14日、大阪府大東市)=共同

訓練で一斉に机の下に避難した幼稚園児ら(14日、大阪府大東市)=共同

警察官や大東市の職員がイラストを使って「地震が起きたらどうする?」「エレベーターで逃げる?」などと避難行動に関するクイズを出題。地震発生を知らせるサイレンが鳴ると、園児らは防災頭巾をかぶり、一斉に机の下に潜り込んだ。園庭ではがれきの中に取り残された人を警備犬が捜索する様子を見学した。

四條畷署の渡辺岳文警備課長は「防災の知識を小さいころから教えて避難意識を持ってもらうことが大切だ。今後も子どもや高齢者の訓練に力を入れたい」と話した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]