景気後退確率、11月82.4% 警戒水準超え続く

経済
2020/1/14 13:33
保存
共有
印刷
その他

日本経済研究センターが14日発表した2019年11月の景気後退確率は82.4%だった。前月より3.3ポイント下がったものの、景気後退の警戒水準である67%をなお上回る。確率は内閣府が公表する景気先行指数をもとに計算する。11月は新規求人数の減少などで同指数が低下したが、落ち込みの大きかった8月に比べて下げ幅は縮み、景気後退確率が下がった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]