官房長官「イランは透明性ある調査を」 旅客機撃墜

イラン緊迫
政治
中東・アフリカ
2020/1/14 11:30
保存
共有
印刷
その他

記者会見する菅官房長官(14日午前、首相官邸)

記者会見する菅官房長官(14日午前、首相官邸)

菅義偉官房長官は14日の閣議後の記者会見で、イラン軍が誤ってウクライナ旅客機を撃墜したことについて「イランが透明性を持って調査するとともに、実効的な再発防止策を早急に講じることを求めたい」と述べた。「多くの人命が失われたことは極めて遺憾だ」と語った。一方で「イランが責任を認め、謝罪している点は留意している」と指摘した。

イラン情勢に関しては「日本政府としても重大な関心を持って注視していきたい」と表明した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]