東京ムーブメント

フォローする

進化する映像技術や未来カー 五輪支える日本企業

Tokyo2020
(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2020/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年が幕を開けた。アスリートが技や能力を磨く一方、大会を支えたり、花を添えたりする技術の進化も進む。過去の五輪の開閉会式でも使われた、パナソニックのプロジェクションマッピングはいっそう性能を高め、トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)などで「クリーンな移動」を実現する。五輪やアスリートを支えるテクノロジーの一端をのぞいた。

■踊る人に映像投写、式典華やかに

パナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は26日、国内で3月26日からスタートする聖火リレーについて「規模を縮小して開くこともあり得る」と述べ、リレー関連行事で来場者を大幅 …続き (2/26)

 東京都が2020年東京五輪・パラリンピックの収支について毎月公表する方針を固めたことが26日、わかった。これまで収支は大会組織委員会が1年ごとに公表していた。本番に向けて資金の使い道などを細かく確認 …続き (2/26)

「東京マラソンを将来的には世界で一番の大会にしたい」と語る早野レースディレクター

 東京五輪の男子代表が懸かる東京マラソンが3月1日、号砲を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一般ランナーの参加が取りやめになったが、2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)や設楽悠太 …続き (2/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]