ベトジェット、新たに日本5路線 中部、福岡、鹿児島に

東南アジア
アジアBiz
中部
九州・沖縄
愛知
福岡
鹿児島
2020/1/13 22:40
保存
共有
印刷
その他

【ダナン=大西智也】ベトナムの大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエアは13日、日本路線を5路線新設すると発表した。今夏にも中部国際空港(愛知県)、福岡空港、鹿児島空港とベトナムを結ぶ路線を新設し、日本向け路線を10路線とする。路線の拡充で技能実習生や留学生の需要を取り込むほか、日本の地方都市からの観光客の利用も見込む。

式典にはベトナム訪問中の自民党の二階俊博幹事長も参加した(13日、ダナン市)

新設するのは中部国際空港とハノイ、ホーチミン、ダナンをそれぞれ結ぶ路線、ハノイ―福岡、ハノイ―鹿児島路線。鹿児島路線を新設したことについては「ベトナム人が多く住んでいるため」(同社)としている。

ベトジェットは2007年に設立。アジア各国への就航都市を増やしており、国内外約130路線を抱える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]