/

この記事は会員限定です

AIやゲノム念頭、哲学・法学に力 科技振興で法改正へ

[有料会員限定]

政府は科学技術振興に関する国や自治体の義務を記した科学技術基本法について、哲学や法学などの人文・社会科学を対象に加えて研究支援に反映する。人工知能(AI)や生命科学の発展によって法や倫理の重要性が高まったためだ。20日召集の通常国会に基本法改正案を提出する。

1995年に議員立法で成立した科技基本法の抜本改正は初めてという。「人文科学のみに係る科学技術」を除くとしている現行法の文言を削除する。地球...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン