/

この記事は会員限定です

and factory 中堅の投資効率で首位

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済新聞社が売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、投資の効率を示す投下資本営業利益率(ROIC)の3年平均を調べたところ、新事業のアイデアをインターネット経由で浸透させる企業が上位に入った。消費者向け事業が目立ち、データ分析などで価値を高めている。首位は漫画アプリ開発のand factoryだった。

1位 and factory 大手出版社と相次ぎ連携

東京都目黒区のand factory本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン