中国新車販売8%減 19年、2年連続マイナス

アジアBiz
2020/1/13 18:00
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】中国汽車工業協会は13日、2019年の新車販売台数が前年比8.2%減の2576万9千台だったと発表した。国内経済の減速を背景に2年連続で前年比マイナスとなり、減少幅も18年の2.8%から拡大した。同協会は20年は前年比2%減と予測しており、世界全体の約3割を占める最大市場の厳しい状況は当面続きそうだ。

内訳では、市場全体の8割強を占める乗用車の販売台数は9.6%減の2144万台だった。米中貿易摩擦の長期化による中国経済の先行きへの不透明感が広がるなか、新車購入を控える中間層が増えたとみられる。

電気自動車(EV)が柱の新エネルギー車は4.0%減の120万6千台。補助金の削減で、初めての前年実績割れとなった。中国政府が20年目標に掲げた200万台の達成は難しくなった。

メーカー別でみると、米ゼネラル・モーターズ(GM)は15%減に落ち込み、米フォード・モーターの合弁会社、長安フォード汽車は半減だった。一方、トヨタ自動車ホンダは1割近く伸びて好調だった。トヨタは中国での販売台数が初めて日本を追い抜いた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]