米軍のイラン司令官殺害、揺らぐ根拠 説明に食い違い

イラン緊迫
2020/1/13 8:55
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米軍によるイラン司令官殺害の根拠が揺らいでいる。エスパー米国防長官は12日、トランプ大統領が殺害を正当化する根拠にあげた司令官による4つの米大使館攻撃計画を否定した。トランプ政権は殺害を自衛措置と位置づけるが、イランの脅威を示す明確な証拠を明示せず与党・共和党内にも政権の判断を批判する声があがる。乏しい殺害の根拠はイラクでの米軍撤収論に拍車をかける可能性もある。

「決定的な…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]