スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

新関脇の朝乃山、難敵を退け白星発進 大相撲

2020/1/12 22:37
保存
共有
印刷
その他

新年早々当てられた難敵に、新関脇朝乃山は立ち合いから押された。

【関連記事】白鵬は白星、鶴竜敗れる 大相撲初場所初日

起こされてつっかい棒を外されるように引かれ、泳ぎかける。だが簡単には落ちない。踏みとどまると反転攻勢。押し合いから得意の右四つに組み止め、引き付けて寄り切った。「危なかったけど、うまく反応できた。休んだら相手の形になるので攻め続けた」

御嶽海(右)を激しく攻め、寄り切りで下した朝乃山

御嶽海(右)を激しく攻め、寄り切りで下した朝乃山

「大関候補」の先輩でもある御嶽海には過去1勝3敗。九州場所12日目には完敗で優勝争いから引きずり下ろされた。「気にしていたら体も動かない。新年になったし、過去は気にせず気を引き締めていこうと」。納得の表情で振り返った。

昨年は夏場所で初優勝、九州では新小結で11勝に技能賞と飛躍した。大関が視野に入ってきた今年、年始から積極的に出稽古を重ねた。だが、田子ノ浦部屋では引退して1年がたつ荒磯親方(元横綱稀勢の里)に1勝16敗とコテンパンに。時津風部屋では2場所連続休場中の横綱鶴竜のほか、元大関の十両照ノ富士にもやり込められ「立ち合いがしっくりこない」と漏らした。

「(自分の右四つは)警戒される。最初から上手を取りにいくのではなく、立ち合いでいかに押し込めるかが大切。徐々に体に染み込ませたい」と朝乃山。右四つの型は発展途上だが、稽古場よりも本場所に強そうなのは心強い。(田原悠太郎)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、力士全員に実施予定の新型コロナウイルス感染歴などを調べる抗体検査を17日から開始すると明らかにした。同検査は大相撲7月場所開催への活用のために5 …続き (18:58)

秋場所に向けた稽古を再開した照ノ富士(10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋)=共同

 大相撲7月場所で5年ぶりの復活優勝を遂げた元大関の幕内照ノ富士が10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けた稽古を再開した。書面での取材に応じ「とにかく今、できる …続き (18:22)

 日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道、本名安本栄来、東京都出身、二所ノ関部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトのために受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイ …続き (7日 20:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]