プラントから見た景気 中東緊迫、ホルムズを注視
日揮ホールディングス会長兼CEO 佐藤雅之氏

松尾 博文
経済
自動車・機械
環境エネ・素材
中東・アフリカ
編集委員
2020/1/12 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中東情勢の緊迫や地球温暖化対策への関心の高まりなど、エネルギーをめぐる環境が不透明さを増している。日揮ホールディングスの佐藤雅之会長兼最高経営責任者(CEO)にプラント市場の行方を聞いた。

――2020年のプラント市場の見通しは。

「石油・ガス関連プラントの発注は増加基調にある。原油価格が下落した14年以降に減少傾向にあった発注は18年ころに反転した。産油国の国営石油会社や欧米の石油大手は、多く…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]