プーチン氏、中東の軍事衝突に懸念 独ロ首脳会談

イラン緊迫
2020/1/12 4:48
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は11日、ドイツのメルケル首相とモスクワで会談し、イランの核開発を抑える多国間合意の維持が重要だとの認識で一致した。プーチン氏は中東情勢をめぐり「大規模な軍事衝突に発展しないことを願う」と懸念を示し、外交手段による解決を訴えた。米国とイランが対立するなか、欧州と連携して緊張緩和に取り組む構えを打ち出した。

メルケル氏はプーチン氏の招待で訪ロし、約3時間…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]