台湾総統に蔡英文氏再選、妥協しない「鉄の女」

2020/1/12 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「圧力下で決して妥協せず、結論を急がない」。蔡英文(ツァイ・インウェン)氏が通商交渉の専門家として培った信条は2016年の総統就任時から揺らぐことはなかった。独立も統一もしない中台関係の「現状維持」を掲げる。中国の激しい圧力を受け、民主進歩党(民進党)内の独立派からは逆に「弱腰」と批判されたが、台湾の「鉄の女」はぶれなかった。

米英留学で国際貿易の法学博士号を取得し、20代で大学准教授に就任。1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]