ハイサム新国王が即位 オマーン「共存路線継承」

中東・アフリカ
2020/1/11 23:17
保存
共有
印刷
その他

即位後に演説するオマーンのハイサム新国王=ロイター

即位後に演説するオマーンのハイサム新国王=ロイター

【カイロ=共同】ペルシャ湾岸オマーンのカブース・ビン・サイド国王の死去を受け、後継を選ぶ王族評議会は11日、いとこのハイサム遺産文化相(65)を指名した。国営メディアが伝えた。ハイサム新国王は同日即位し、首都マスカットでの演説で「周辺国と平和共存してきた(カブース国王の)足跡を引き継ぐ」と述べた。

国家基本法(憲法に相当)は王族評議会で合意に至らない場合、国王の遺言に基づき次期国王を選出すると規定している。国営メディアによると、カブース国王の遺言書が開けられ、王族たちの前で読み上げられた。

カブース国王に子どもはいなかった。生前、公には後継を指名しておらず、いとこのアスアド国王代理兼副首相が有力視されていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]