習指導部、裏目に出た強硬策 台湾総統選で蔡氏圧勝

習政権
2020/1/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1年前には、だれも予想できなかった結果だろう。11日の台湾総統選で「一つの中国」を認めない民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)氏が圧勝した。民意を力で押さえ込めると考えた中国の習近平(シー・ジンピン)指導部にとって、手痛い敗北である。

勝敗を決したのは「中国との距離」だった。

「台湾人のために『一国二制度』を拒否する!」。10日夜、台北市中心部の総統府前。蔡氏が最後の集会でこう訴えると、10万人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]