[社説]「中国離れ」を選択した台湾民意の重み

2020/1/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の総統選は与党・民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が最大野党・国民党の韓国瑜高雄市長らを破って再選した。民主化が進んだ台湾は、共産党による独裁体制が続く中国と距離を置く選択をした。中国は台湾の民意を尊重する必要がある。

独立志向の民進党は公務員優遇を改める年金制度改革への不満もあって一昨年の統一地方選で大敗したが、その後、支持率が急回復した。蔡総統は中国の習近平国家主席が提起した「一国二制度」…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]