イラン、孤立回避へ一転謝罪 ウクライナ機誤射認める

2020/1/11 18:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】イランは11日、8日に発生したウクライナ国際航空機の墜落について、軍が誤って撃墜したと一転認めた。旅客機側の技術的トラブルとの主張を取り下げたのは、米国以外の国も敵に回して孤立するのを避ける狙いとみられる。だがこれまでの虚偽説明に国際社会の不信は強まっており、イラン指導部に大きな打撃となる可能性がある。

イランのメディアによると、誤射について報告を受けた最高指導者のハメネイ師…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]