北朝鮮高官、制裁解除を要求 米との対話再開の条件に

北朝鮮
米朝首脳会談
朝鮮半島
2020/1/11 17:17
保存
共有
印刷
その他

北朝鮮は米朝協議の停滞に焦りを募らせているもようだ=朝鮮中央通信・ロイター

北朝鮮は米朝協議の停滞に焦りを募らせているもようだ=朝鮮中央通信・ロイター

【ソウル=細川幸太郎】北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問は11日、朝鮮中央通信を通じて「朝米間で再び対話するには、我々の要求を全面的に受け入れなければならない」とする談話を発表した。国連の経済制裁を解除しなければ、非核化を議論する米朝協議を再開しないとの認識を改めて示し、米側の譲歩を促した。

停滞する米朝協議について金顧問は「我々が米国にだまされたこれまでのように時間を捨てることはもう絶対ない」とし核実験やミサイル開発を進めることも示唆した。さらに「国連制裁(の撤回)と核施設(の廃棄)を交換条件に提案したベトナムでのような協議は二度とないだろう」として、米朝首脳会談も実現しないと主張した。

トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に誕生日の祝意を述べたと韓国政府高官が10日に明かしたことについても触れた。韓国政府に対し「朝米間の仲裁者の役割を果たそうという未練がまだあるようだ。金委員長とトランプ大統領の関係に入り込むのは差し出がましい」と非難した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]