/

イラン、ウクライナ機撃の墜認める 「人的ミス」

対米厳戒態勢中に誤認

ウクライナ旅客機の墜落現場(8日、テヘラン近郊)=ロイター

【テヘラン=共同】国営イラン放送によると、イラン軍は11日、首都テヘランで8日に墜落したウクライナ機について、軍が誤って撃墜したと認める声明を発表した。同機の技術的なトラブルが原因だとしていた主張を撤回した。イラン軍は声明で、墜落は人的ミスによる撃墜だとして、故意ではないと強調。イラン国民や犠牲者の遺族に謝罪の意を表明した。

イラン当局が、安全保障や国防に関わる主張を撤回し謝罪するのは極めて異例。客観的で明確な証拠が存在し、「事故」との主張を維持できないと判断したとみられる。

声明によると、イランの防衛システムが同機を敵と誤認した。対米報復攻撃の数時間後で、軍は厳戒態勢を敷いていた。

ウクライナ国際航空のボーイング737-800は8日、テヘランの空港からウクライナの首都キエフに向かって離陸した直後に墜落した。イラン人、カナダ人、ウクライナ人らの乗客と乗員計170人以上全員が死亡した。

緊迫 イラン情勢

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン