旅客機墜落、イランの「誤射」浮上 偶発衝突リスク露呈

2020/1/10 22:52
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮、ドバイ=木寺もも子】8日のウクライナ旅客機の墜落をめぐり、イランが誤って撃墜したとの見方が浮上した。米国とカナダ、英国が相次いで指摘した。米国とイランの軍事的緊張が極度に高まっていたなか、民間機が犠牲となったもようだ。米国はイラン批判を控え、ただちに緊張が再燃する状況にはないが、墜落は偶発的衝突リスクの高さを改めて浮き彫りにした。

多くの自国民が犠牲になったカナダのトルドー…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]