イオン、新トップでデジタル化急ぐ 拡大路線転機に

2020/1/10 22:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンが23年ぶりの社長交代を決めた。2019年2月期の連結売上高が約8兆5千億円の巨大企業となったイオンだが、収益性の向上には陰りが見える。米アマゾン・ドット・コムなどネット通販の拡大で競争環境が変化し、流通世界最大手の米ウォルマートは次世代モデルの構築を急ぐ。イオンも店舗拡大戦略からの抜本的な転換が求められており、新社長がどこまで改革の実権を握れるかが問われる。

「ほとんどの権限は新社長に当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]