釣り鐘、ZENブームの海外めざす 国内の廃寺に危機感
富山の老子製作所

2020/1/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉県の成田山新勝寺、京都の西本願寺や三十三間堂――。全国で音色を響かせる釣り鐘を造る企業が富山県高岡市にある。江戸中期に創業した老子製作所だ。釣り鐘の国内シェアは約70%にも達する。ただ主力の国内市場では少子高齢化が影響し廃寺になるケースも増えてきた。こうした中、同社は世界で広がりつつあるZENブームに乗って海外に活路を求めようとしている。

「昨年はスペインの禅寺からも釣り鐘の引き合いがあった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]