武田、世界でワクチン販売 シャイアーの販路活用

ヘルスケア
中南米
2020/1/10 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業は2021年度から、ワクチンの世界販売に乗り出す。武田は他社が手掛けていないデング熱の新薬を開発中で、19年に買収したアイルランドの同業シャイアーの販路を活用する。ワクチンは大量に生産し販売できる体制が必要で、欧米の製薬大手が圧倒的なシェアを占める。日本勢がワクチンを世界規模で販売するのは初となる。

英調査会社エバリュエートによると、18年の世界のワクチン市場は305億ドル(約3兆3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]