瀬戸内のカキ殻 ブランド米育む、JA全農おかやま支援

2020/1/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山県を中心に瀬戸内海のカキ殻の新たな利活用が進んでいる。土壌改良材に使うブランド米の増産が進み、その米を使った清酒の新たな味付けの検討も始まった。粉状にして東京五輪の競技にもなるボルダリングの滑り止めへ活用を試みる動きなども登場。環境配慮を追い風に、カキ殻が新たな商機を生んでいる。

同県内で2016年に栽培が始まった「里海米」。生産量は1年目の25.2トンから急速に増え、19年は約1600トン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]