EIZO、電子回路基板の工場を増設 26億円投資

北陸
石川
2020/1/10 19:32
保存
共有
印刷
その他

モニター大手のEIZOは10日、映像表示システムの電子回路基板を製造する子会社「EIZOエムエス」(石川県羽咋市)の本社工場を増築し、2021年1月から稼働する。投資額は約26億円で、生産能力を25%引き上げる。需要が増大するヘルスケア市場や産業市場向けの生産性を上げる。

EIZOエムエス本社・羽咋工場はEIZO製モニターの心臓部にあたる電子回路基板の9割以上を生産している。食堂や休憩エリアなど、福利厚生施設の充実も図る。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]