/

日産労連、ベア「月3000円以上を基準」 要求方針

日産自動車グループの労働組合で構成する日産労連(郡司典好会長)は10日、東京都内で中央委員会を開き、2020年春の労使交渉の要求方針を決めた。基本給を底上げするベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分の要求は「月3000円以上を基準とする」とした。

19年は「月3000円以上」と要求する金額を明確にしていたが、日産グループや自動車業界を取り巻く環境は厳しく、賃上げそのものの実現を重視した要求とした。

一時金については年5カ月を基準として、最低でも昨年の獲得実績以上を求めるように傘下の労組に求める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン