/

この記事は会員限定です

静岡県の転出超過、全国ワースト4位 若い女性が流出

データが語る静岡2020(5)

[有料会員限定]

静岡県は全国に先行して人口が減少し、転出超過数は都道府県でワースト4位だ。県外への進学や就職といった「若者の人口流出」が主因だ。特に若い女性の流出が止まらず、少子化につながっている。結婚を機に静岡県を離れる女性も多い。静岡の産業構造や特有の気質が、最近の若い女性が求める働き方や家族観にあわない面がある。

静岡県の年齢別人口推計によると、人口は2007年の約380万人がピークだった。08年には出生数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン