静岡発の化粧品、ハラル認証を取得 イスラム圏に輸出

ヘルスケア
静岡
2020/1/10 19:01
保存
共有
印刷
その他

静岡県内の企業が開発した化粧品が、マレーシア政府の認証機関(JAKIM)が承認する日本の認証機関からハラル認証を受けた。化粧水や美容液、乳液などを1本にした「オールインワン化粧品」で初めて。4月にもマレーシアへの輸出を始める。イスラム圏の需要を見込み、自然派志向の日本人に売り込む。

ハラル認証を受けたプレジール(静岡市)の化粧品(10日、静岡市)

認証されたのはプレジール(静岡市)が開発した「ヴィ・クラスニーサラ」。豚コラーゲンやアルコールを使わず、皮膚の活性酸素を抑えるフラーレンや魚由来のコラーゲンなどハラル認証を受けた約30成分で補う。販売価格は100ミリリットルで1万2000円(税別)。

経済規模が拡大するイスラム圏への輸出のほか、インバウンド客向けに国内宿泊施設のアメニティー、お土産としても拡販を狙う。「ムスリムや肌トラブルを持つ人にハラル化粧品をまずは知ってほしい」(同社の中野由美子社長)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]