7/13 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  3. 3位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  4. 4位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,576.96 +286.15
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,620 +330

[PR]

業績ニュース

パソナGの6~11月、純利益38%減 地方創生事業で減損

2020/1/10 20:30
保存
共有
印刷
その他

パソナグループが10日発表した2019年6~11月期の連結決算は、純利益が前年同期に比べて38%減の3億9200万円だった。兵庫県淡路島などで手掛ける地方創生事業で3億9600万円の減損損失を計上。一部の施設で当初想定していたよりも客足が少なかった。

営業利益は5%増の39億円だった。主力の人材派遣事業で値上げ交渉が進み粗利益率が改善した。

人手不足や働き方改革で業務の効率化を図る企業が増え、採算の良い事務やコールセンターなどの業務委託も好調だった。

売上高は2%減の1612億円だった。改正労働者派遣法によって派遣先企業に直接雇用される人が増え、前期に比べ派遣社員数が減った。前年同期の一部子会社の決算期変更による増収効果もなくなった。

20年5月期通期の業績は、売上高が前期比5%増の3440億円、純利益が16%増の23億円とする従来予想を据え置いた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム