アジアに染み出す中国企業 80年代日本と何が違う?
アジア総局長 高橋徹

米中衝突
貿易摩擦
Asia Analysis
コラム(国際)
東南アジア
2020/1/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国によるイラン革命防衛隊の精鋭部隊の司令官殺害で、中東情勢が極度に緊迫して幕を開けた2020年。年の瀬に米中の貿易交渉が「第1段階の合意」に達し、新たな制裁関税の発動合戦に歯止めがかかった安堵ムードは、瞬く間に吹き飛んでしまった。

その米中合意も「一時休戦」でしかない。トランプ米大統領は「すぐに第2段階の交渉に入る」と意欲的だが「中国製造2025」の補助金など中国の国家資本主義の根幹に関わる対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]