/

この記事は会員限定です

世界のマネー 変化を探る(8) 動き出すデジタル人民元

慶応義塾大学教授 白井さゆり

[有料会員限定]

今回はスウェーデンとは別方式の「中銀発行デジタル通貨」案を紹介します。ブロックチェーンを含む分散型台帳技術を使い、迅速かつ24時間365日決済できるようにする案です。

昨年から新興国の間で中銀発行デジタル通貨への取り組みが活発になっています。ビットコインなどの仮想通貨や電子マネーの存在感が高まる中で、フェイスブックによる「リブラ」発行計画も発表され、お金に対する中央銀行のコントロールが効かなくなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン