社外専門家に株報酬 スタートアップの3割が付与

スタートアップ
法務・ガバナンス
2020/1/13 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップ企業が医師や大学教授ら社外の専門家に、株式を利用した報酬「ストックオプション」(新株予約権)を付与する動きが広がっている。日本経済新聞社の調査では未上場企業の9割がストックオプションを活用し、うち3割が社外の専門家に付与している。現金支出の負担を抑えながら、専門性を持つ社外人材の知を生かし、企業価値の向上につなげている。

ストックオプションを使えば、現金を常に用意しなくても高度な専…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]