中東動揺は再選の追い風か 「選挙の年」のトランプ氏
本社コメンテーター 菅野幹雄

米大統領選
イラン緊迫
菅野 幹雄
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/1/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ついに「トランプの中東戦争」か。イランが8日、イラクの米軍駐留基地に弾道ミサイルを撃ち込んだ一報は、世界を震わせた。

約18時間後、米ホワイトハウスで主要閣僚と米軍トップを従えたトランプ米大統領の演説に「反撃」の文字はなかった。米軍の死傷者はゼロ。「軍事力を使うのは望まない」という発言に安堵した米株式市場では9日に主要3指数が最高値を更新した。「最高値だ!あなたの401k(確定拠出年金)はどうだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]