高齢医療、歯止めなき「単価」膨張 地域格差も広がる
漂流する社会保障 NIKKEI Investigation

漂流する社会保障
経済
医療・健康
地域総合
2020/1/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

75歳以上が加入する後期高齢者医療制度を導入した2008年度から17年度までに、全国1741の市区町村のうち、半数の自治体で1人あたり医療費が10%以上増えたことが日本経済新聞の調査で分かった。高齢者が増えれば国全体の医療費は増えるが、「単価」である1人あたり医療費が増えなければ伸び率は低くなる。病床数が多いと単価が高くなる傾向があり、地域格差の検証が不可欠だ。

■市区町村の半数、1人あたり医療費

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]