本庶佑さん、五百旗頭真さん、安藤忠雄さんが語る震災復興

阪神大震災25年
2020/1/13 2:00
保存
共有
印刷
その他

1995年1月17日の阪神大震災からまもなく25年。戦後初の大都市直下型地震の教訓、後世に伝えるべきことはなにか。神戸医療産業都市構想の推進に携わってきた京都大学特別教授の本庶佑さん、ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長も務める兵庫県立大学理事長の五百旗頭真さん、阪神・淡路震災復興支援10年委員会の実行委員長を務めた建築家の安藤忠雄さんに聞いた。

「都市復興 得意技つくろう」(神戸医療産業都市推

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]