「ネット世論操作、日本でも脅威」Facebook問題告発者

データの世紀
2020/1/11 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年は世界で重要な選挙が相次ぐ「選挙イヤー」だ。16年の米大統領選挙などでは、米フェイスブックから流れた大量の個人データを世論操作に使う「サイバー選挙介入」のリスクがあらわになった。当時、問題の震源地となったのが、英コンサルティング会社のケンブリッジ・アナリティカ(CA)だ。脅威は取り除けたのか。事業開発の元責任者で、内部告発者として英議会で証言したブリタニー・カイザー氏に聞いた。

――C…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]