筑波大、スポーツのブランド力向上へ
こだま

2020/1/10 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新年早々から感動と勇気をもらった。筑波大学が26年ぶりに出場した箱根駅伝だ。鮮やかな水色のユニホームの上に黄色のたすきをかけた同大の選手たちが新春の箱根路を駆け抜けた。

箱根駅伝は、筑波大の前身の東京高等師範学校の卒業生で2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」のモデルとなった金栗四三が1920年に創設。同校は第1回大会で優勝した「伝統校」だ。ただ、箱根駅伝の人気が高まるなか、潤沢な資金力がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]