/

この記事は会員限定です

里山は子どもの先生 自主性伸ばす「自然保育」広がる

[有料会員限定]

原生的な自然と都市との中間に位置し、人々の暮らしを支えてきた「里山」。過疎化で人の手が入らなくなった里山を、保育や幼児教育の場として再利用する動きが広がっている。自然の中で遊び、学ぶ体験は子どもたちの心身を強くし、自主性を育むという。荒れていた土地の再活用や過疎地への移住者増をもたらす効果もあり、行政による支援も盛んになりつつある。

「秘密基地を作ったの。見に来て!」。昨年12月下旬、長野県伊那市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン