がんや認知症、血液1滴で早期発見 分析技術が進展

2020/1/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

血液に含まれる微量な物質を分析する技術が急速に進歩している。わずか1滴の量があれば、がんや認知症などの初期段階で微妙に変化する成分を検出できるようになってきた。現在ではまだ難しい、早期の治療や進行を遅らせる対策などが近い将来、実現できそうだ。健康診断につきものの採血の方法なども変わっていく可能性がある。

がん研究会(東京・江東)の一室で、植田幸嗣プロジェクトリーダーが「質量分析計」という装置を操…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]