リハビリ運動、腕時計端末に記録 モフ、採用施設増やす

スタートアップ
ヘルスケア
2020/1/12 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リハビリサービスのモフ(東京・港)は運動データを記録する腕時計型端末の採用施設を2022年末までに3000施設に広げる計画だ。現在の7倍を超す。従業員を増やす必要があり、SOMPOホールディングスとスパークス・グループが運営するファンドから7億円を調達した。

モフの端末「モフバンド」は腕や足に装着する。運動すると、動きの種類を特定し、その回数をタブレットに表示。自動で記録する。あらゆるモノがネッ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]