宮城県有識者会議、宿泊税を知事に答申 1人100~500円

2020/1/10 17:37
保存
共有
印刷
その他

観光振興の新たな財源として「宿泊税」の導入を検討してきた宮城県の有識者会議は10日、ホテルや旅館などの宿泊者への課税を「適当」とする報告書を村井嘉浩知事に答申した。税額は1人1泊あたり100~500円とする案を示した。県は答申を受けて議会に条例案を提出する。一方、仙台市も市独自の宿泊税の導入に向けた検討会議を立ち上げる方針だ。

宿泊税は県内に泊まる観光客から徴収する。ホテルや旅館のほか、簡易宿泊…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]