愛知の新設住宅48%が戸建て 宅地価格、東京より安く
(データで読む愛知)

2020/1/16 6:00
保存
共有
印刷
その他

「ゆとりある住まいに暮らせる」。愛知県が移住を誘う決めぜりふのひとつだ。愛知は2018年度の新設住宅着工のうち戸建てが48%と、2割台の東京や大阪はもちろん、全国平均(46%)も上回る。1戸あたりの床面積は広めの3LDKクラスにあたる84.34平方メートルだ。リニア中央新幹線の開業を控え、不動産需給は逼迫している。

大都市圏の中でも比較的広い家に住める愛知。東京、大阪との大きな違いは地価の安さだ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]