/

この記事は会員限定です

世界のマネー 変化を探る(7) 市民が中央銀行に預金する時代

慶応義塾大学教授 白井さゆり

[有料会員限定]

第2回で先進国で現金離れが進まない話をしましたが、例外としてスウェーデンやノルウェーがあります。世界で最も社会のキャッシュレス化が進むスウェーデンでは、世界金融危機の頃から現金発行が大きく減り続けています。日本のように量的緩和や大幅なマイナス金利を導入して金利が軒並み下がりましたが、それでも現金退蔵は全く起きなかったのです。

多くの国はキャッシュレス手段の普及を試みていますが、現金が消滅しつつある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン