/

この記事は会員限定です

静岡・袋井市、ICTで教育や農業、防災効率化

[有料会員限定]

静岡県袋井市はICT(情報通信技術)を使った取り組みで凸版印刷と連携する。広域の無線通信規格を生かした通信環境を整備し、児童見守りや獣害対策で実証実験して有用性を確かめる。人口減少が進むなか、袋井市はICTの積極的な導入により教育や農業、防災などの現場を効率化する構えだ。

実証実験には、消費電力が少なく広域通信できる次世代無線技術「LPWA(ローパワー・ワイドエリア)」の規格の一つである「ZETA」(ゼタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン